私でもスパイスカレー作れました!感想とおすすめレシピ紹介&内容

雑記

こんにちは!カレーの隠し味を隠せない主婦のりのりです。

何を入れても旦那に即バレて、「カレールーはそれだけで完成された味なんだから、他に何もいれないでくれ」と言われること10年…。何も隠し味をいれなくなりました。

のりのり
のりのり

でも、料理した~!って達成感がないのよねぇ。

カレールーなしの本格的なカレーを作ってみたいな!

スポンサーリンク

本格的なスパイスカレーを作ってみたい!

私の旦那は大のカレー好き。毎晩カレーでもいいと言われていますが、さすがにそうするわけにはいかないので、週末はカレーと決めています。

私もカレーは嫌いじゃないけど、どちらかというとカフェやレストランで食べるようなオシャレな野菜ゴロゴロのスープカレーとか、ナンで食べるカレーとかが好きです。

そして、カレールーなしでカレーを作ってみたい!とチャレンジするも失敗して家族からブーイングを受けること多数…。

カレールーなしのカレーは難しい!!

そう思っていました。

そんな時に本屋さんで出会った本がこちら!

即購入しました!

この本はこんな人にオススメ♪

  • 本格的なスパイスカレーを作ってみたいけど、スパイスを何種類も覚えられないよ…!と思っている人
  • ルーを使わないカレーって、難しいんでしょ??と思っている人
  • 特別な材料や道具が必要なんじゃないの?と思っている人
  • 何時間も煮込むんだよね…?と思っている人

この本を数ページ読めば、これらが全て思い込みだったと気づいて、今すぐスパイスを買いに行きたくなりますよ!

スポンサーリンク

『私でもスパイスカレー作れました!』感想

全編マンガで読みやすい!

この本はスパイス料理研究家の印度カリー子さんとイラストレーターのこいしゆうかさんの共著。

この二人が登場人物となって、スパイスカレーの簡単な作り方を全てマンガで教えてくれます。

調理工程や完成したカレーの写真はゼロ!

でもこいしさんのほっこりとしたテイストの絵がかわいくて、読み進めやすいです。

料理初心者にも簡単!わかりやすい!

スパイスの世界って奥が深そう…と思っていましたが、この本で紹介しているスパイスカレーで使うスパイスはたったの3種類!

これさえ買い揃えればあとは普通にスーパーで買える材料でスパイスカレーが作れます。

基本のスパイスカレーの作り方を覚えて、あとは具材を変えてみたり、ベースを変えてみたり、スパイスの種類を増やしてみたり…という展開で、すごくわかりやすいです。

また、玉ねぎやニンニクのみじんぎりが面倒なときや、ホールトマト缶が余ったときの対策も書いてあるので、料理が苦手な人にも簡単に作れちゃう!

基本のスパイス3種類に慣れてきたらプラスしたいスパイスや、もっと上級者向けのスパイスの選び方も紹介されているので、スパイスにハマった人も満足できる1冊だと思います!

スポンサーリンク

簡単なスパイスカレーのおすすめレシピ

基本のスパイス

この本で紹介されているスパイスカレーは、この3つのスパイスが基本となります。

  • クミン
  • コリアンダー
  • ターメリック

この3つのスパイスは辛みはないそうです。辛くしたい人はチリペッパーを加えるといいそうです。

ベース

メイン具材を何にするかによって、

  • ヨーグルト
  • 生クリーム
  • 牛乳
  • ココナッツミルク

などを使い分けるそうです。

具材

メイン具材(鶏肉、豚肉、シーフードや野菜など)と

味の土台(玉ねぎ、トマト、にんにく、しょうが)と調味料(塩、サラダ油)

メイン具材は1~2種類にする

私がこの本で驚いたのは、メイン具材は1~2種類に絞るということ。

具材を何種類も入れると、味がぼやけてしまうそうです。

おすすめのメイン具材

具材は肉や魚介類とは限りません!野菜をメインにしてもいいそうです。

私がこの本を読んで作ってみたいな!と思ったのはこの3つでした。

  • ひよこ豆のカレー
  • ほうれん草チキンカレー
  • なめこ&ほうれん草カレー

具材を見ただけですごいですよね…。

家族に出すのにはまだ抵抗があるので、まずは私のお昼ご飯から試してみようと思います!

スポンサーリンク

今までのカレーの常識が覆る!

この本を読んで、難しいと思っていた本格的なスパイスカレーが私にも作れるかも!と思えました。

早くスーパーに行ってスパイスを買いたいな♪

作ってみたらまたこのブログで紹介しますね!

 

コメント