姑が嫁にストレス与えてしまう要注意行動3つ!真の良い姑になるために

スポンサーリンク

嫁姑問題は世の常?

こんにちは!のりのりです。

今日はいつの世も永遠の悩みなんじゃないかと思うような嫁姑問題について…。

嫁姑問題は年々減ってきている?

時代の変化とともに、嫁姑の関係も変化してきていて、昔ドラマになっていたような悪質な嫁姑問題は減ってきているのかな?と思います。

友達のように仲のいい嫁姑という話も聞くことがありますので、嫁姑問題は昔の話…と思うかもしれませんが、実はそんなことは全然ないのでは!?というのが私の考えです。

私が思うに、「隠れ鬼姑」が増えてきているのでは…?

新米しゅうとめ必見!嫁姑関係を円満にするために

表面的には嫁姑仲が良く、「良かれと思って」色々してくれる優しいおしゅうとめさんが多いと思います。

でも実はその「良かれと思って」が、かわいいお嫁さんに多大なるストレスを与えていることもあるんです!!

私の実体験も含めて、隠れ鬼しゅうとめになってしまいそうな要注意行動を紹介しますね。

スポンサーリンク

嫁にストレスを与える隠れ鬼姑にならないために

要注意行動①嫁がやったものをやり直す

たとえば…お嫁さんが干した洗濯物を「あら~、もう少し広げて干さなきゃ~」と直す。

お嫁さんが盛ったご飯を「○○君はこれじゃ足りないわよ~」と盛りなおす。

お嫁さんが買ってきた子ども服を見て「これじゃ袖が短いわよ~」と新たに買いたす。

これをやられると、お嫁さんは何をしても直されるので「私がいなくてもいいんだ」と、自己無価値感を持ってしまいます。

要注意行動②自分の趣味で食器類、鍋を買い与える

どんなものでも自分の趣味で買い与えるのは嫌がられることではありますが…ここでポイントなのは、「食器類・鍋類」というところ。

なぜ食器・鍋類が悪いのかというと、そんなにしょっちゅう買い替える必要がないものなので、多少趣味が合わなくても我慢して使ってしまうからです!

中には台所用品にまったくこだわりのないお嫁さんもいるかもしれませんが、それでも台所は女性のテリトリーであるので、そこで使うグッズはお嫁さんに自由に選ばせてあげましょうよ…。

何か贈りたいなら、商品券が一番うれしいかもしれません…。

要注意行動③子育て方針を無視する

お孫さん、かわいいですよね。

喜ぶ顔が見れるなら何でも買ってあげたくなるし、お菓子も食べさせたくなっちゃう。ゲームセンターにも連れていってあげたい。

でも、お嫁さんの子育て方針を無視していませんか?

嫁「夕飯を食べなくなってしまうので…」

姑「大丈夫よ~~このくらいで~~」

あぁ、目に浮かぶようです…。

確かにお義母さんは子育ての先輩です。でも、お孫さんの母親はお嫁さんです。

あなたの与えたお菓子で夕飯が食べられなくなって、かわいいお孫さんが怒られるんですよ…。

虫歯になって大変な思いをするんですよ…。

また、要注意行動①で紹介した時のように、お嫁さんに自己無価値感を与えてしまうかもしれません。

くれぐれも、お嫁さんの子育て方針を尊重してあげてください…!!

スポンサーリンク

「うちの姑、悪い人じゃないんだけど…」が一番厄介

いかがだったでしょうか?

表面上は仲が良く、優しいお姑さんかもしれませんが、今回紹介した要注意行動を繰り返してしまうと、お嫁さんに多大なるストレスを与えてしまいます。

そして外で「うちの姑、悪い人じゃないんだけど…」と話しているかもしれません。

「悪い人じゃない」っていうのが一番厄介なんですよね…。

わかりやすいイジワルをしてくる姑だったら、嫌いになれるし思いっきり悪口を言ってストレス発散もできる。でも、優しくて色々してくれるお姑さんだと、悪口も言えないし、でもストレスが溜まる…。

そのストレスがいつか爆発して、お嫁さんが家出してしまわないように…

世話を焼くのはほどほどに!息子夫婦とは距離を保って接しましょうね。

それでは!

コメント