はあちゅうさんの事実婚について、遊ばれていると誤解したアンチは

はあちゅうさんがAV男優しみけんさんと事実婚をしたということを

2018年11月になって知った。

スポンサーリンク

そもそもはあちゅうさんを知らなかった

はあちゅうさん、お名前は存じていたけれどあまり知らなかった。

伊藤 春香(いとう はるか、1986122[1] – )は、ブロガー作家。自称:はあちゅう[2]神奈川県川崎市出身[1]慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業[1]。在学中に香港大学へ留学[3]内縁の夫はAV男優しみけん[4]

Wikipediaより引用

たまたまTwitterで誰かのリツイートを見て、それで気になってはあちゅうさんのツイッターやアメブロをフォローしたのが2018年11月。

しみけんさんと事実婚を発表したのが2018年の7月とのことだったので完全に後追いです。

スポンサーリンク

お相手のしみけんさんも知らなかった

お相手のしみけんさんのことも全く存じ上げませんでした。

AV観ないし…旦那に聞けばすぐわかるんでしょうけど…

スポンサーリンク

そして、事実婚って?

事実婚…その存在を「逃げるは恥だが役に立つ」で知った人も多いのでは。
(きんのりは星野源大好きです。)

火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』
TBS「火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』」の番組情報ページです。

事実婚とは…

事実婚(じじつこん)とは、婚姻事実関係一般を意味する概念[1]。「事実婚」の概念は多義的に用いられ、婚姻の成立方式としての「事実婚」は「無式婚」ともいい要式婚(形式婚)と対置される概念であるが[1][2]、通常、日本では「事実婚」は法律婚(届出婚)に対する概念として用いられている[1][2]

したがって、事実婚は広義には「内縁」の同義語類義語としても用いられるが[3][4]、講学上において「事実婚」という概念を用いる場合には、特に当事者間の主体的・意図的な選択によって婚姻届を出さないまま共同生活を営む場合を指すとし、届出を出すことができないような社会的要因がある場合をも含む「内縁」とは異なる概念として区別されて用いられることが多い[5][6]。この点を強調して「選択的事実婚[7]あるいは「自発的内縁[8]などと呼ばれることもある。

また、先述のように「事実婚」の概念は多義的であることから、法的概念として「事実婚」の語を用いることを避け、法律婚に対する事実婚については「自由結合(union libre)」という概念を用いる論者もいる[9]

Wikipediaより引用

スポンサーリンク

はあちゅうさんのアメブロ「旦那観察日記」がかわいい

Twitterフォロー後、アメブロも軽い気持ちでフォローしたのですが、これがまたかわいい。

はあちゅう オフィシャルブログ「旦那観察日記」Powered by Ameba
はあちゅうさんのブログです。最近の記事は「彼氏だったら許せない(画像あり)」です。

はあちゅうさんが描くイラストがゆるカワだし、夫婦のラブラブな毎日が非常にほのぼのする。

このブログについてもアンチコメントが寄せられて、はあちゅうさんはお猿さんを描けなくなった時期があるらしいのです。

アンチのみんな…毎日お疲れ様…。

スポンサーリンク

こんなアンチコメントもあったの?

こちらのページにはあちゅうさんの事実婚に関するインタビューが一覧で掲載されていて

はあちゅう『<限定記事>「旦那観察日記」で私を知ってくださった方へ』
 初めての方はこちらからご覧下さい★ 初記事 ★ 『 なれそめ編 』 はこちらからご覧下さい★ 『存在を知った日』★ 『 結婚編 』 はこちらからご覧下さい★…

気になるタイトルのものだけ読ませていただきました。

その中でこんなアンチコメントがあったことを知ります。

「遊ばれてるから事実婚なんでしょ」「入籍してもらえなかったんだね」

マイナビウーマンより引用

(@_@)

お相手がお相手だし、事実婚という形に理解も少ないでしょうから
アンチコメントは相当の数だったとは思います。

でもこれ(苦笑)

遊ばれてたら事実婚もしないと思うし
「入籍してもらえなかったんだね」って
なぜはあちゅうさんが入籍したがっている前提なんだろう。
と私は思いました。

私自身はバリバリの法律婚で、名字が変わることも大歓迎で、
結婚に対してとても憧れていた脳内お花畑ガールだったので
事実婚を選ぶ人の気持ちを理解することはできないけど、

世の中いろーーんな考え方をする人がいる。
ということの理解はあるつもりなので
自分の考え方が全て正解だとは思っていないです。

だから、他人がジャッジするのを見ていると

「あぁ…お疲れ様です。」って思う。

なので、このはあちゅうさんとしみけんさんの事実婚についてアンチコメントを寄せている人たちもよっぽど毎日疲れているのかな…。

「お疲れ様です!!!」

そんな感じです。

追記

よくよく考えてみたら、疲れているのははあちゅうさんのブログを見てほのぼのしている私の方なのかも…

アンチの方が、エネルギー持て余してるからアンチできるのかも。

追記!

アンチの人達はその有り余ったエネルギーを私に分けてください!!!

コメント