夜行バスの必需品や持ち物は?快適な便利グッズ紹介

こんにちは!のりのりです。

実は今度、夜行バスデビューします!!

スポンサーリンク

はじめての夜行バスで不安

夜行バスは安全?眠れる?

初めて夜行バスに乗ることになって、不安なことは盛りだくさん!

  • 夜行バスって安全なの?
  • ちゃんと眠れるかなぁ…
  • トイレはどうするの?

私の心配事は主にこんな感じでした…。

まさか私の人生で夜行バスに乗る日がくるとは…とまで言ったら大げさかもしれませんが、私にとってはそれくらいの大きな出来事なのです!

夜行バスの不安、経験者に聞いてみました。

なので、まずは情報収集!と思って、1500人超のFacebook友達の皆さまに、夜行バスであると便利なものがあったら教えて下さい~~とお願いしたところ、夜行バス経験者の皆さまからありがたいアドバイスをたくさんいただきました!

同じように夜行バス初心者の方のお役に立てば…と思い、まとめて紹介しますね^^

スポンサーリンク

夜行バス、これがあると便利!

夜行バスはマスク類必須!

夜行バスは皆さん眠る前提ですから、マスクは必需品ですね。

口開けてよだれ垂らして寝てる姿を他人に見られたらいやですもの…。

その中でも、濡れマスクがあるといいよ!と言われて、なるほどなぁ~と思いました。

空調で乾燥しますもんね…。

あとは、長時間つけていても耳が痛くならないマスクを!というアドバイスももらいました。

確かに~!

安物のマスクだと、長時間つけていると耳が痛くなりますもんね…。

アイマスクで光をシャットダウン!

私、真っ暗なところじゃないと熟睡できないんですよね…。

夜行バスはある程度照明があるでしょうから。

あとは手元を照らすライトも付属しているバスもあるそうです。

他の席の人のスマホのライトも気になってしまうかも…。

そんなわずかな光も、アイマスクがあればシャットダウンできますね。

あ、あと半目開きで寝てしまう恐れのある人も、持っていた方がいいですね(笑)

 

耳栓で音もシャットダウン!

経験者の方々に聞いたところ、必需品に必ず出てくるのが「耳栓」でした。

他の乗客のいびきが気になって眠れなくなるそうです。

あとは、「睡眠時無呼吸症候群の乗客がいて、呼吸が止まる時間が長すぎてそれが気になった。」というエピソードも。

それから耳栓は車酔いを予防する効果もあるそうですよ!

空気を入れて膨らませるU字の枕

これがあると断然首が楽だそうです!

ただ、安物だと枕の継ぎ目がチクチクと当たって痛くなるそうですので、そういった場合はタオルを巻いて使用するといいそうです。

また、腰に当てる用のクッションもあるといいとのこと。

かさばりますが、ビーズクッションのものが軽くていいそうですよ。

足のむくみ対策にスリッパ

長時間座席に座っているので、足がむくむそうです。

歩きなれた靴で行くことも大事ですが、スリッパを持参すると便利だそうですよ。

貸出スリッパがある高速バスもあるそうですので、バス予約時に確認しましょう。

ちなみに私が乗る予定の岩手県~池袋の『けせんライナー』にはスリッパが備え付けられているそうです!

冷え対策にブランケット

車内の空調が暑かったり寒かったりすることが予想されます。

暑かった時のために脱ぎやすい服装にすることと、寒い時のためにブランケット(毛布)を持っていきましょう。

ブランケットを備え付けている高速バスも増えています。親切ですね~。

バス予約時に確認しておきましょう!

水、お茶などの飲み物

車内は乾燥するので、飲み物は大事ですね。

ここでポイントなのは「水は少しずつ飲む」ということです。

一気に飲むより、少しずつ飲む方がトイレに行きたくなることを防げるそうです。

登山が趣味の友人がそう話していました!

ちなみにお酒は入眠しやすいかもしれませんが、熟睡できなくなるので避けた方がいいそうです。

お菓子、パンなどの軽食

どうしても眠れなくて、小腹がすいたときに用意しておくと便利ですね。

注意すべきなのは匂いの強い食べ物は避けることでしょうか。

まわりの乗客の迷惑になりますもんね。

スポンサーリンク

夜行バスの心配事

夜行バスにトイレはあるの?

これが私の一番の心配事でした。

基本的に夜行バスにはトイレはついている車両が多いです。

しかし、繁忙期になるとトイレがついていない車両も運行されるそうです。

その場合には頻繁にサービスエリア等でトイレ休憩を取るそうですよ。

スポンサーリンク

便利グッズで夜行バスを快適に

初めての夜行バスで不安だったので、経験者の皆さんにアドバイスもらえてとても助かりました!

これらのグッズを揃えて、夜行バスを快適に乗り切りたいと思います!

コメント