今更だけどリノベーションって何?

こんにちは!きんのりです。

今日も古民家で暮らすことを夢見てブログをお届けしています。

 

さて、今日は古民家暮らしに欠かせないのではと思われるリノベーションについて。

リノベーションって何?

リノベーションとは…

1.手を加えてよくすること。修復。再生。
 「ビルの―」
2.改革。刷新。
▷ renovation

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたので、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

https://www.okuta.com/renovation/difference.htmlより引用

 

リフォームとどう違うの?

わかりやすく説明してくれるサイトがありましたよ!

 

現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきています。 しかし、2つの言葉の間には、主に「工事の規模」と「住まいの性能」の2つの違いがあります。

≪工事の規模≫

設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。

≪住まいの性能≫

新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。

また、住宅にオフィススペースを設けたり、オフィスビルを住宅用に改修する等、用途の変更が伴うリノベーションのことを「コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。日本でも少子化で廃校になった学校がオフィスや福祉施設となったり、オフィスビルが供給過剰となっている地域で多くの空室が発生し、その対策としてマンションとするコンバージョンが見受けれます。

 https://www.okuta.com/renovation/difference.htmlより引用

 

古民家なら、リフォームよりもリノベーション!

新築と同等かそれ以下の性能になる工事は「リフォーム」。

新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」。

古民家は建てられた当時よりも大幅な性能UPの工事が必要となるパターンが多いので、リノベーションですね!

 

この本、読んでみたいなぁ。。。

何事も調べてみないとわからない。

ブログ記事にしようと思わなければ調べもしなかった、リフォームとリノベーションの違い。

これでまた夢の古民家に一歩近づいた…に違いない。

 

それではまた!

コメント