家計簿を挫折しない対策方法は?長続きするコツと家計管理の実例紹介

家事

こんにちは!主婦のりのりです。

今日は家計簿をつけることに挫折しないための対策方法として、家計管理のコツを紹介します!

貯蓄をしたい、家計を把握したいけど、家計簿が続かない…とお悩みの人に読んでほしいです♪




スポンサーリンク

家計簿が長続きしない理由

家計簿は難しい!面倒だ!

将来のために貯蓄したい、家計が毎月苦しい…

そんなお悩みを持つ人はとても多いと思います。

そこで家計管理の話になると必ず出てくるのが「家計簿」ですよね。

でも、家計簿をつけることを長く続けるのはとても大変なことです。

実際に多くの人が挫折してしまっているのではないでしょうか。

マネーフォワードが2017年に調査したところによると、家計簿をつけたことのある人の中で約7割が家計簿を挫折しているという調査結果が出ています。

家計簿を挫折した理由には

  1. 面倒だ
  2. 細かくつけたいのに時間がかかって挫折
  3. 処理の仕方がよくわからない

といった理由があげられていました。

スポンサーリンク

家計簿を挫折しない対策方法3つ!

家計簿を挫折しないための対策方法を3つ紹介していきます。

まずは記録することを習慣づける

家計簿といえば、細かく費目をわけて、きちんと月末に集計をして…

とにかく「きちんとつけないと!」と思っている人が多いと思います。

最初から完璧を目指す必要はありません。

まずは毎日レシートの金額を記録することから始めましょう。

小さなことから始めて、続けることに自信をつけるのです。

そして次の月は費目ごとにわける…など、少しずつステップを踏んで行ってみてください。

家計簿に記入しやすい買い物方法にする。

レシートが何枚もあったり、1枚のレシートに食費も日用品もごちゃまぜ…

こうなると、家計簿の記入が一気に面倒になってしまいますね。

家計簿に記入しやすい買い物方法を心がけてみましょう。

具体的な例を挙げると

  • 買い物は週に2回と決める。(頻繁に買い物をしているとレシートの枚数が増えるから)
  • 食費を買う店と日用品を買う店を分けて決める。

これを心がけるだけで、節約にもなりますし、家計簿がぐっと記入しやすくなります。

完璧主義にならないようにする。

1円でも合わないと嫌になってしまう。

費目はきちんとわけたい!

こういった完璧主義になりすぎると家計簿は長続きしません。

家計簿はお金の流れが分かるようにするものなので、1円単位できっちり合わせる必要はありません。

費目もざっくりでいいんです。

費目の分け方例

①食費、日用品費、娯楽費、特別費

これは家計簿&家計アドバイザーあきさんが提唱している分け方です。

我が家もこの分け方にしています。

日常の必需品を食費と日用品にわけて、残りは楽しみのための支出は「娯楽費」、その月だけ臨時でかかる支出は「特別費」にして記入します。

お金が貯められる毎月の家計簿のつけ方の記入例
毎月の家計簿を大学ノートに手書きでつける方法を紹介します。 1日1行たった1分、超!簡単シンプルな家計簿のつけ…

本も出版されていますので参考にしてみてください。

 

②消費、浪費、投資

こちらはファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが提唱している方法です。

毎日の支出を、消費か浪費か投資かを考えていくことで、家計管理の意識が高まっていくと思います。

スポンサーリンク

 もう挫折しない!家計をしっかり見直そう

家計を管理していくうえで重要な家計簿。

挫折を防いで、長続きさせるコツは

  • まずは記録する習慣をつける
  • 家計簿に記入しやすい買い物方法にする
  • 完璧主義にならないようにする

これらを意識することで家計簿を長続きすることができるでしょう。

私もこれらを意識することで、それまで3日坊主だった家計簿が半年ほど続いています!

あなたも頑張ってくださいね!

関連記事↓

2019ダイソー家計簿が使いやすい!使い方と手書き派におすすめな理由
こんにちは!趣味は100円ショップパトロール。きんのりです。ダイソーの家計簿が使いやすい!とある休日、私はいつものように100均パトロールのためにダイソーへ向かいました。目的の商品をかごにいれ、店内をウロウロしていたところ…その商品に...




コメント