遠野八幡宮·猫神社の場所はどこ?わかりづらい位置を詳しく説明

岩手県ネタ

岩手県遠野市の遠野八幡宮に猫が祀られた「猫神社」なるものがあることをご存知でしょうか。

猫好きなら一度は訪れてみたい猫神社ですが、実は場所がわかりにくい!

猫神社目当てで遠野八幡宮を訪れたものの、場所がわからず帰ってしまう人が続出している様子。

ということで、この記事では遠野八幡宮の猫神社の位置について紹介します。

スポンサーリンク

猫が祀られた遠野八幡宮猫神社

猫神社
遠野郷八幡宮 猫神社 御祭神 オトラサマ 御神徳 縁結び・愛猫 健康長寿

平成十三年九月十三日、例祭宵宮祭で神前に供えていた吉次(魚)を食べられる事件が起き、一匹のトラ猫が本殿より逃走する姿が目撃される。それより境内でトラ猫の目撃が多くなり、神社飼い猫に追い払われること数多。お祭りのお供えを神前で食べた猫であることから、当初、神主も敬遠していたが、以前、神社で飼っていたトラ猫とそっくりだったことから「生まれ変わりでは」と、五匹目の社務猫として目出度く社務所に迎えることになり、「オトラ」と命名される。

多頭飼のストレスの中、一時、毛が抜ける症状も見られたが、毎日朝夕に神社参拝を欠かさず、社務所から神社までの一五〇メートルを、参拝者を先導して案内し、守札所で参拝者を招いた。その姿は雑誌やテレビにも取り上げられ、その献身的な社務猫ぶりを一目見ようと各地から参拝者が訪れ、当神社の名を広めた。八幡様のお供えを食し生き延びたことから、生涯を神様に捧げた猫であった。

その功績を称え、平成二十五年に和歌を添えた写真集が作られ、オトラサマを偲び参拝する者が多いことから同年、オトラサマのお姿を納めた猫神社を建立。猫神社参拝者は途切れず、また、オトラサマの絵が数多く奉納されたことにより、奉納の絵を彫った猫神社御朱印頒布がはじまる。

遠野八幡宮・猫神社に祀られているオトラサマは平成13年~平成25年の間遠野八幡宮の社務猫として参拝者を出迎えていたトラ猫。

多くの参拝者に愛された猫だったんですね。

のりのり
のりのり

縁結びや愛猫の健康長寿の神様として祀られているそう。

猫を飼っている人は一度は訪れてほしいですね!

スポンサーリンク

遠野八幡宮の猫神社はどこ?場所を解説

場所がわからずたどり着けない人が続出している、遠野八幡宮の猫神社。

私も家族と一緒にグルグルと探し回りました。

そうしたら、なんと意外なところにあったんです!

猫神社の位置をイラストで解説します

実は、駐車場から正面の鳥居に向かってすぐ右隣というまさに灯台もと暗しな位置にありました。

一番最初に鳥居を通ったときは、猫神社に全く気づきませんでした。

社務所の目の前なので、恥ずかしがらずに社務所で聞けば良かったんですよね…。

猫神社の画像

のりのり
のりのり

写真では大きく見えますが、実物はこじんまりとしているため、気づきにくかったです。

 

スポンサーリンク

猫神社の御朱印

こちらの猫神社、なんと御朱印もあります。

ただし書きおきです。

社務所のおみくじ横に引き出しが置いてあり、引き出しの中から御朱印がおしてある用紙をもらいます。

日付は引き出しそばにある日付印で自分で押すスタイルです。

代金はおみくじの箱に100円を入れます。御朱印の種類は2種類あり、今回はゆるイラストのタイプをいただきました。

あとは各自御朱印帳に貼り付けましょう。

のりのり
のりのり

書き置きなのはちょっと味気ない気もしますが、かわいいから許す!

 

スポンサーリンク

猫神社、縁結びや愛猫の健康長寿祈願に

岩手県遠野市の遠野八幡宮・猫神社は鳥居のすぐ右隣りというとっても意外なところにありました!

こぢんまりとしたスペースなので、気づかずに境内の中をグルグルとさまよい歩かないように気を付けてくださいね(笑)

参拝した際にはぜひ御朱印もいただいてみてください。

それでは!

コメント