パーフェクトワールド最終回ネタバレ感想!泣けるドラマの結末

ドラマ
スポンサーリンク

パーフェクトワールド最終話のあらすじネタバレ考察!

ドラマ『パーフェクトワールド』第10話(2019年6月25日放送分)のネタバレ感想を紹介しますね!

ちなみにドラマのあらすじについてはこちらの記事をご覧ください。

パーフェクトワールドドラマあらすじ第1話から最終話まで
こんにちは! 今日は私が2019年4月スタートのドラマの中で注目している『パーフェクトワールド』のあらすじを紹介しますね! ドラマパーフェクトワールドについて 2019年4月16日(火)21時放送スタート! いつかこのド...

第9話(6月18日放送)を見逃した方はこちらのネタバレ記事もどうぞ!

パーフェクトワールド第9話ネタバレ感想!猛反対するつぐみの父に樹は
パーフェクトワールド第9話のあらすじネタバレ考察! ドラマ『パーフェクトワールド』第9話(2019年6月18日放送分)のネタバレ感想を紹介しますね! ちなみにドラマのあらすじについてはこちらの記事をご覧ください。 第8...
スポンサーリンク

最終回のあらすじ&ネタバレ

最終回主な登場人物

川奈つぐみ(山本美月)…インテリアコーディネーター。樹と再び共に生きる決意をする。

鮎川樹(松坂桃李)…車いすに乗る一級建築士。どんな障害もつぐみと乗り越えていくと決める。

川奈元久(松重豊)…つぐみの父。樹との交際には反対。

是枝洋貴(瀬戸康史)…つぐみの幼馴染で婚約者。つぐみを信じて待つ。

最終回あらすじ

高校の同級生だったつぐみ(山本美月)と再会したことがきっかけで、事故以来ずっと閉ざしてきた心の扉を開き、恋する気持ちも取り戻した樹(松坂桃李)。幼い頃からつぐみに想いを寄せていた洋貴(瀬戸康史)や、かねてから樹を支えてきたヘルパーの葵(中村ゆり)を巻き込みながらも、2人は様々な困難を越えてきた。一度はつぐみの幸せを考え、樹から別れを切り出したものの、運命が二人を再び引き合わせ、もう二度と別れないと決めた樹は、つぐみにプロポーズ。2人は人生を共に生きる覚悟を決めた。

そんな2人の決断に、つぐみの父・元久(松重豊)だけは、娘が苦労するのは目に見えていると、2人の交際に断固反対。それでも、元久にも結婚の許しをもらおうと何度も家を訪ねるが、そのたびに門前払いされてしまう。

そんなある日、やってきた樹と2人で話をしたいと申し出た元久。つぐみの幸せを願うなら、なぜ苦労をかけると分かっているのに結婚を望むのかと問う元久に、樹はつぐみと別れてから今日までの気持ちを包み隠さず話す。それでも決して首を縦に振ろうとしない元久だったが…!?

変わらぬ愛を胸に、逆境に立ち向かう樹とつぐみは、その手で幸せをつかむことができるのか?2人の一途な想いが奇跡を起こす…!?

https://www.ktv.jp/perfectworld/story/10.html より引用

 

スポンサーリンク

パーフェクトワールド最終話ネタバレ感想と結末

つぐみ父の話は…

何度も家を訪問し続ける樹に、つぐみの父・元久がやっと応じてくれた。

それはつぐみの元婚約者で幼馴染である洋貴が元久に頼んだからでした。

樹と元久は公園に行き、2人きりで話し合います。

元久は樹とつぐみの結婚は認めないと話しました。

家に戻ろうとしたとき、元久は心臓の発作を起こします。

樹は救急車を呼び、元久のカバンから狭心症の薬を出し、飲ませました。

元久はなんとか一命をとりとめましたが、大きな手術が必要となります。

つぐみとしおりがケンカ

つぐみの妹・しおりも父の緊急手術を知り、東京からかけつけます。

その場にいる樹に向かって、「お父さんが死んだらお姉ちゃんたちのせいだから!」と怒鳴りつけてしまいました。

しおりを松本に連れてきてくれた洋貴はしおりに樹を責めないように話します。

のりのり
のりのり

ヒロ…!!

どこまでもいいやつ…。

スポンサーリンク



父のリハビリを必死で支えるつぐみ

元久の心臓の手術は無事に成功。リハビリをすることになりました。

樹と同じように車いすに乗らなければいけないこと。

思っている以上に体がうまく動かせないこと。元久はショックを受けます。

そんな父親をつぐみは献身的に支えました。

そしてつぐみを支えていたのは樹でした。

どんなに忙しくても東京から松本にかけつけ、30分だけでもつぐみと話をしていました。

それを見守るつぐみの母・咲子。

咲子は元久にこう話しました。

つぐみはお父さんを支えているけど、あの子は鮎川さんに支えられているの。

元久の心も少しずつ変化していきました。

のりのり
のりのり

お母さんの優しい瞳が深い愛情を感じますね。

元久は東京へ。再び樹と話をする。

無事にリハビリも終え、退院した元久は一人で東京の樹の自宅を訪ねました。

発作を起こしたときに助けてくれたお礼と、改めて自分の考えを話すためでした。

元久は娘を守れないと思っていた相手に助けられたこと、自分が車いすになってみて気づいたこと、つぐみが樹にずっと支えられていることを話します。

何も物理的に背負って歩くことだけが背負うということじゃない。
力で守るということだけが守るということじゃない。
入院中、つぐみは私を必死に支えてくれた。
そんなつぐみを支えていたのは…鮎川さん、あなただったんだね。
(元久セリフ)

そして、2人の結婚を認めてくれました。

 

のりのり
のりのり

大・号・泣!!!

よがっだよぉ~~~

よがっだよぉ~~~

スポンサーリンク



しおりと晴人の恋の行方

晴人はやっと二級建築士に合格します!

しおりは約束していた「アメちゃん」を渡し、笑いあう2人でした。

結末ではやっと手をつなぐ二人。

2人の恋もやっと前に進みそうです。

のりのり
のりのり

この二人、かわいかったね☆

晴人役の松村北斗くん、いい演技してたなぁ~~。

結末:樹とつぐみは結婚。

ドラマの結末は二人の結婚式です。

幼馴染の洋貴は葵と二人ででかけ、苦い顔をして「今頃鐘鳴らしてるかな~。」と言います。

バージンロードを歩く元久とつぐみ。

樹とつぐみは結婚指輪を交換し、参列者の前で誓いを立てました。

これからも二人で寄り添い、支えあっていきます。
それでも足りないときは…助けてください。
力を貸してください。
どうか末永く、よろしくお願いいたします。
(樹)

 

のりのり
のりのり

お父さん、つぐみとバージンロードを歩く夢が叶ってよかったね…(涙)

スポンサーリンク

パーフェクトワールド最終話の名言はコレ!

パーフェクトワールド最終回の名台詞はこれ!

何も物理的に背負って歩くことだけが背負うということじゃない。
力で守るということだけが守るということじゃない。

つぐみの父・元久が樹に話した言葉です。

 

パーフェクトワールドの名台詞・名言については別記事にもまとめています。あわせて読んでみてください。
パーフェクトワールド名台詞・名言まとめ

パーフェクトワールド名台詞·名言まとめ!ドラマ名場面と障害を越える恋愛について
ドラマパーフェクトワールド 2019年4月スタートの関西テレビ/フジテレビ系のドラマ『パーフェクトワールド』 松坂桃李さんが車いすの青年・樹を、山本美月さんが高校生のとき樹のことが好きだった女性・つぐみを演じます。 原...
スポンサーリンク

パーフェクトワールド最終話の感想

最終回の感想まとめ

毎回毎回ティッシュが手放せなかったパーフェクトワールド、ついに最終回でしたね。

今回も号泣回でした…!

純愛を貫いてやっと結ばれた二人、まわりの家族・友人・同僚の気持ちもビシバシ伝わってくるドラマでした。

このブログではあまり紹介できませんでしたが、樹の建築事務所の社長・ナベさん(木村祐一)もかなりいいキャラでしたね。樹を裏で支える名脇役でした。

スポンサーリンク

パーフェクトワールド関連記事

当ブログではドラマパーフェクトワールドについて他にも記事を書いています。

併せてお楽しみください。

ドラマパーフェクトワールドまとめ記事!あらすじ、キャスト、主題歌など紹介

パーフェクトワールドで知る車いす生活の実態は?機種やリアルさについて

パーフェクトワールドドラマあらすじ第1話から最終話まで

パーフェクトワールドドラマ出演者は?映画や原作とのキャスト比較も

パーフェクトワールドドラマ主題歌の曲名は?歌手、作曲者について紹介

コメント