パーフェクトワールド感想ネタバレ第1話(4月16日放送)再会した初恋の人は車いすだった

ドラマ

こんにちは!

今日はいよいよ始まった

ドラマ『パーフェクトワールド』第1話(2019年4月16日放送分)のネタバレ感想を紹介しますね!

ちなみにドラマのあらすじについてはこちらをご覧ください。

パーフェクトワールドドラマあらすじ第1話から最終話まで
こんにちは! 今日は私が2019年4月スタートのドラマの中で注目している『パーフェクトワールド』のあらすじを紹介しますね! ドラマパーフェクトワールドについて 2019年4月16日(火)21時放送スタート! いつかこのド...




スポンサーリンク

ネタバレ感想第1話(4月16日放送分)

ストーリー①初恋の人と高校卒業以来の再会

街を駆け足で歩く一人の女性。

彼女は川奈つぐみ(山本美月)

つぐみはインテリアデザイン事務所に事務として勤務する29歳。

社長に頼まれた書類を社長が打ち合わせしている居酒屋に届けたところ、思わぬ人と再会する。

(つぐみセリフ)
鮎川君!?

なんと、その場にいたのはつぐみが高校生時代に片思いしていた鮎川樹(松坂桃李)だった。

樹もつぐみのことを覚えていてくれた。

「運命の再会じゃない??」と冷やかす樹の同僚たち。樹はそれを軽く否定する。

樹は設計事務所に1級建築士として勤務していた。

(樹セリフ)
とりあえず、ビール?
ここで高校生時代の回想シーンが入る。
(回想シーン)
樹は高校生時代バスケ部のエース。女子にも絶大な人気があった。
つぐみはそんな樹をただ遠くから見ているだけだった。
のりのり
のりのり

山本美月かわいいいいいいいいい!!

松坂桃李かっこいいいいいいいい!!

高校生時代の回想シーンも、この二人で十分再現できるんじゃないかと思ったけど、ちがう役者さんなのね!

回想シーンの高校生役出演者についてはこちらにまとめましたので、良かったらご覧ください!

パーフェクトワールド高校生役は誰?回想シーンの出演者のプロフィールや画像
こんにちは!のりのりです。 2019年4月16日に放送スタートしたドラマ『パーフェクトワールド』、車いすになってしまった初恋の人との感動の純愛ドラマに毎回注目が集まっています。 今日は主人公たちの高校生時代の回想シーンに出演して...

ストーリー②樹の事情を知ってショックを受けるつぐみ

引き続き、つぐみの勤務するクランベリーズの社長・東美千代(とよた真帆)と、樹の勤務する渡辺設計事務所のメンバーでの飲み会が続く中…

樹はつぐみが美術部だったことも覚えていてくれた。

のりのり
のりのり

顔も名前も部活も覚えていてくれた!!

いい感じじゃないですか~~!

(つぐみセリフ)
鮎川君は?もうバスケやってないの?
その言葉に固まる樹と面々。つぐみは何も気づかず話し続ける。
(つぐみセリフ)
すごく強かったんですよ、鮎川君がキャプテンだった時のバスケ部。
県大会で決勝まで行って、学校中が盛り上がっていたよね。
樹はまわりの空気に気づきながらも、つぐみを気遣い、気さくに「そんなこともあったな」と話す。

樹は時間を見て、そろそろ帰るという。すると、樹の同僚の沢田一馬(池岡亮介)が持ってきたのは…

車いすだった。

沢田は慣れた様子で樹を手伝い、樹は車いすに乗ってその場を去っていった。

(樹セリフ)
川奈、またゆっくりな。
つぐみは状況が飲み込めず、ただうなづくことしかできない。

樹が帰ったあと、つぐみはクランベリーズの社長と渡辺設計事務所の社長から、樹が大学生のときに事故に遭って半身不随になり、車いす生活を送っていることを聞かされる。

のりのり
のりのり

このシーンの山本美月さんの演技が絶妙…!!




ストーリー③車いすの人との恋愛は無理?

つぐみが家に帰ると、同居している妹・しおり(岡崎紗絵)が待っていました。

つぐみは樹に再会したことを話します。

しおりは「運命じゃん!!」と喜びますが、樹が今車いす生活であることを聞くと

(しおりセリフ)
ないわ・・・いっくらイケメンでも障がい者は無理!
じゃあお姉ちゃん付き合えるの?車いすの人と。
あたしは無理だな…だって歩けないんでしょ?
軽い気持ちじゃ付き合えないよ。
それを聞いて何も言い返せなかったつぐみ…
(回想シーン)
体育館のそばで桜のスケッチをする高校時代のつぐみ。
バスケ部の練習が終わって仲間と出てくる樹をただ見つめるだけだった。
のりのり
のりのり

つぐみとは対照的な妹・しおり。

つぐみが言えないこともバンバン代弁してくれる存在みたいだね。

天使と悪魔みたい!(笑)

ストーリー④車いすになった樹の日常

場面は樹のマンションに。

屋外用(青)の車いすから室内用(赤)の車いすに乗り換える樹。

リビングのテーブルには結婚式の招待状があった。差出人は樹の元恋人の雪村美姫(水沢エレナ)からだった…。

複雑そうに見つめる樹。

のりのり
のりのり

この、屋外用から室内用に車いすを乗り換える描写がリアルだよね!

普通のドラマだったら省略しがちなところも描くことで、障がい者への偏見が少なくなるんじゃないかな。




ストーリー⑤樹に謝るため、会いに行くつぐみ

樹が働く渡辺設計事務所。

仕事を終えて出てきた樹をつぐみが待っていた。

(つぐみセリフ)
あの…昨日はごめんなさい!!
バスケやってないの?なんて無神経なことを聞いて、本当にごめんなさい!
(樹セリフ)
謝るのはこっちの方だよ。噂とか聞いて知ってると思ってたから。
驚かせてごめんな。
樹はつぐみを誘い出し、自分の口から20歳のときに事故に遭って半身不随になったことを話します。
そして、自分が今コンペに応募しようとしていることを話します。
(樹セリフ)
こうなってからは…人に頼ることはあっても、人に頼られることは滅多にないから。
嬉しくってさ。何が何でも成功させたい。

樹はコンペへの想いを話します。

つぐみは、樹が高校生のころから建築士になりたいと言っていたことを知っていました。

(回想シーン)
高校の卒業式が終わった後のホームルーム、つぐみと洋貴は樹を見ながら話をしています。
樹のそばには恋人の雪村美姫が。
配られたアルバムを開くと、樹の将来の夢には「1級建築士になる」と書いてありました。

つぐみ自身も絵に関わる仕事につきたいという夢を持っていましたが、今の自分を考えるとそれを樹に話すことができませんでした。

のりのり
のりのり

つぐみは自分に自信がないんだね…。

いつも謝ってばかりだしね…。

つぐみと樹は二人で美術展を見に行くことになりました。

ストーリー⑥愛情あふれるつぐみの家族たち

樹と美術展に行く約束をしたつぐみは、入念に服を選んでいます。

それを冷やかす妹のしおり。

そこに一本の電話がかかってきます。

(しおりセリフ)
出た!電話魔…!!わたし、いないから!!

電話は故郷の父・川奈元久(松重豊)でした。母・咲子(堀内敬子)も一緒です。

元久はかなりの娘想い。

「結婚は地元でするのが一番!またつぐみと一緒に暮らせるのが楽しみだ…」と電話で話します。

のりのり
のりのり

次女には嫌われ、妻には呆れられ…

お父さんにはつぐみしかいない!!って感じだな(笑)




ストーリー⑦つぐみに想いを寄せる洋貴

待ち合わせ場所に現れた樹は、車を運転していました。

つぐみはとても驚いた様子。下半身不随でも運転できる車があることを樹は話します。

のりのり
のりのり

障がい者用の車、こうなっているんだぁ~。

このドラマで車いすの人たちのことがよくわかるね。

ただの純愛ドラマじゃないんだ!!

一方、つぐみとしおりの自宅に一人の男性が訪れます。

彼はつぐみと樹の高校生時代からの同級生・是枝洋貴(瀬戸康史)です。アプリ開発会社の社長で、試作アプリのモニターをしおりに依頼していました。

(しおりセリフ)
なにその恰好!?チェックオンチェックってよっぽどオシャレな人じゃないと似合わないよ…!?
のりのり
のりのり

しおりの辛口と、洋貴のヘタレ具合がバランスいいな…(笑)

瀬戸康史さん、イケメンだけど今回は超脇役なのね!

つぐみ家にかなり入り浸ってる感じ~。

洋貴はしおりから、つぐみが樹と再会し、今日はデートに出かけていることを聞かされます。

(洋貴セリフ)
嘘だろ!?終わった…近々プロポーズするつもりだったんだよ…
つぐみに告白するときは、結婚前提って決めてたから…
だけど鮎川が相手じゃ勝ち目ないなぁ…

洋貴はずっとつぐみに片思いしていたのでした。

ストーリー⑧デート?に出かけるけど、ハプニング続き…

美術展を見に行った建物は、エレベーターがなく、車いすの樹には入れない建物でした。

そのことに怒りをあらわにするつぐみ。樹はつぐみをなだめて外に出ます。

樹が運転する車の中、つぐみは行ったことのある建物だったのに、車いすが入れないということに気づいていなかったことを樹に謝ります。

のりのり
のりのり

謝ってばっかりだなつぐみ!!

(樹セリフ)
お前、謝りすぎ。
謝られてばかりいると、一緒にいるのが申し訳ない気がしてくるから、あんまり謝るなよ。
のりのり
のりのり

樹…かっこいいな!

男らしい!

 




ストーリー⑨車いすの現実を話す樹

樹とつぐみは食事に行きます。

食事に入った店で渡辺設計事務所の社長・ナベさん(木村祐一)と後輩の渡辺晴人(松村北斗(SixTONES/ジャニーズjr.))にばったり会います。

晴人はナベさんの甥っ子なんだそう。

「なんだよ、やっぱり運命の再会だったんじゃん!」と晴人に冷やかされますが、つぐみは速攻で否定してしまいます。

否定してしまったことを謝るつぐみ。

樹は車いすの現実を話します。

事故の後、高校生から付き合っていた恋人・雪村美姫(水沢エレナ)と別れたそうです。

樹は「事故がなかったら結婚していたかも」と話しました。

(樹セリフ)
俺…たまにウ○コもらすよ?
下半身の感覚がないから、漏らしたことにも気づかないで、臭いがしてきてやっと気づくんだよな。
そんな彼氏、嫌だろう?
(つぐみセリフ)
好きになったら…ウ○コくらい平気だよ!
ウ○コくらい、屁でもないよ!
でも…食事中にいうことじゃなくない!?
のりのり
のりのり

このシーンが第1回の一番の見どころ!!(笑)

かわいい山本美月がウ○コを連呼します(笑)

周りの客の失笑を買ってしまいます…。

(樹セリフ)
他の人は知らないけど、俺は誰とも付き合う気はないって言いたかっただけ。
つまり川奈のことをそういう目で見ることもない。だから、安心して。

ショックな表情をするつぐみ…。

ストーリー⑩自分の本当の気持ちに気づくつぐみ

落ち込みながら帰宅するつぐみ。自宅ではしおりと洋貴がゲームをしていました。

洋貴はつぐみに「デートはどうだった?」と様子をうかがいますが、つぐみは樹にあんなことを言われたあとだったのでムキになってしまいます。

しおりにもからかわれ、怒ったつぐみは部屋に入ってしまいます。

つぐみは洋貴に、自分の気持ちを話します。

(一方で自宅で仕事をする樹が映ります。)

(洋貴セリフ)
つぐみ自身、本当はまだ戸惑っているんじゃないか?鮎川が車いすだっていうことに。
俺なんか、会ってなくても思うもん。あの鮎川が車いす…嘘だろ…?
のりのり
のりのり

洋貴はつぐみが好きなのに、ずっと一番近くで見守ってきたんだね…!!

つぐみは泣き出してしまいます。

(つぐみセリフ)
今わかった・・・私、鮎川君が車いすだってこと受け入れてなかったんだ…!
私の中の彼は、高校時代のいつも元気にバスケしている鮎川君だと思っていて…だから…!
洋貴はつぐみをなだめ、もうすぐ同級会があることを話します。




ストーリー⑪元恋人とのつらい思い出

自宅で仕事をする樹。電話がかかってきますが留守番電話に切り替えます。

電話は元恋人の美姫からでした。

美姫は自分の結婚式に来てほしい、無理ならせめて結婚する前に同級会で会いたいと留守電に残します。

それをうつろな瞳で聞いている樹…

のりのり
のりのり

このときの樹の表情…!!

いつもは明るくふるまっているけど、

車いすになったことでつらい思いをたくさんしてきたんだろうな…。

ストーリー⑫同級会に一緒に行こうと誘われ…

つぐみの働くクランベリーズに仕事の打ち合わせで樹が訪れます。

つぐみは驚き、とんでもない悲鳴をあげます。

ちょうど鮎川のことを考えてスマホの画面を見つめていたからです。

のりのり
のりのり

このときのつぐみ、めちゃかわいい(笑)

つぐみはミーティングルームに樹を案内し、今度の同級会に参加するかどうか聞きます。

樹はつぐみに「一緒に行こう」と誘いました。

嬉しそうな顔をするつぐみ。

ところが…!!!




ストーリー⑬高校の同級会で嘘をつく二人

「え!?付き合ってるの!?」

おどろく同級生たち。

樹は、もうすぐ結婚する元恋人を安心させたいからと、つぐみに交際しているふりをして同級会に参加してほしいと頼んだのでした。

のりのり
のりのり

このときのつぐみの着ているワンピース、すごくかわいい…!

洋貴もその事情を知っていて、つぐみを気遣います。

(つぐみセリフ)
フリでもいいから、彼女になってみたかったんだよね…
でもダメだ。嘘ついてる時点で、全然楽しくない。

振り返ると、元恋人の雪村美姫がこちらを見つめていました…。

美姫は樹を誘い出します。

つぐみはトイレに行く途中で、話している樹と美姫を見てしまいます。

(美姫セリフ)
樹…私が好きなのは、あなただけよ。今も、この先もずっと…
のりのり
のりのり

結婚するオナゴが何をぬかしてるんじゃ~~~~!!!(怒)

その言葉を聞いた樹は感情をあらわにします。

(樹セリフ)
じゃあ何で別れたんだよ!?
こんな体になった男と結婚するのは無理だと思ったからだろ?
なのに今でも好き…?笑わせるなよ。
(美姫セリフ)
許して…!本当にあなたのこと好きだった。ずっと…そばにいたかった。
でも…ごめんなさい…ごめんなさい…
樹は黙って会場を後にします。
のりのり
のりのり

美姫ちゃん…そりゃあないわ…
自分の罪悪感から、元カレに結婚式に出席してほしいなんてナシだよ…!
自分が楽になりたいからって、樹の傷に塩を塗らないで!!




ストーリー⑭つらい気持ちで会場を後にした二人

トイレで鉢合わせしてしまう、つぐみと美姫。

美姫はつぐみに、本気で樹と付き合っているのかと聞きます。

美姫は樹が完璧な人間だったのに、車いすになってしまったらそれまで通りにはいかない。と話します。

(つぐみセリフ)
完璧な人なんているのかな。
完璧じゃないから、人は一人じゃ生きていけないんでしょ?
だから、誰かが必要なんじゃないの?
つぐみも樹を追って会場を後にします。

しかし、樹はつぐみに「一人にしてほしい」と強く当たってしまいます。

そのとき…樹は失禁してしまいます。

駆け寄るつぐみに「来るな…来ないでくれ!こんなかっこ悪いところ見られたくない。」 と叫ぶ樹。

つぐみはそっと、自分のコートを樹の膝にかけ、汚れたズボンを隠してあげます。

下を向く樹、黙って車いすを押すつぐみ…。

のりのり
のりのり

つぐみ…つぐみが樹を思う気持ちに感動…!!




ストーリー⑮事故直後の、樹の壮絶な状況

つぐみと樹は樹の自宅にいます。

つぐみは二人分のコーヒーを入れ、テーブルの上の結婚式の招待状とともに、謎の金属の物体を見つけます。

そこへ支度を終えて現れる樹。

謎の物体は事故のあとに樹の体に入れていたボルトでした。

樹はつぐみに当時のレントゲン写真も見せてくれました。

(つぐみセリフ)
本当に…ひどい事故だったんだね…

樹はつぐみに今日のことを謝ります。

樹は下半身不随のため、排泄障害がありました。

長時間の外出の時には紙おむつもつけるのに、この日に限って紙おむつを着用していなかったのです。

(つぐみセリフ)
安心させるために、彼女のフリしてくれって言ってたけど、そうじゃなかったんだね。
ひきずってたのは、鮎川君の方だったんだね。

樹の気持ちに気づいたつぐみ。

そんなつぐみに、樹は当時の壮絶な想いを話します。

(樹セリフ)
死のうと思った。
今じゃ考えられないけど、当時はひどい精神状態でさ。
美姫と別れてから、全部がどうでもよくなって、生きててもしょうがないと思っちゃって。
ところが死ねないんだよ。
ベットで寝たきりで、寝返りもまだ一人じゃ打てなかったから。
飛び降りることはもちろん、手の届くところにはタオルさえなくて、直に首絞めるしかなかった。
(当時の回想シーンが流れる。ベットの上で自分の首を絞める樹)
でも下半身踏ん張れないから、全然力が入らなくて。
もう一人じゃ死ぬことすらできないってわかった時の絶望感と言ったら、なかったな…。

樹の壮絶な過去に、つぐみは涙を流します。

ひきずっていたのは美姫に対してではなく、事故直後の無力でみじめで孤独な自分に対してひきずっていたんだと樹は話します。

ストーリー⑯夢を再び追う決意をするつぐみ

辛い思いをしてきたのに、そこから立ち直って再び夢を叶えた樹に、つぐみは尊敬の想いを伝えます。

そして、自分が絵に関わる仕事をしたかったのに諦めてしまったことを樹に話します。

樹はつぐみに提案をします。

(樹セリフ)
だったら、これから目指せばいいじゃないか。インテリアデザインだって、絵に関わる仕事って言えなくもないし。

しかし、つぐみは30歳になったら故郷の長野に帰らなければならないと話します。

元々、いずれは長野に帰る約束で東京の大学に入ったのです。

(樹セリフ)
やりたいことがあるなら、やるべきじゃないか?
人生は一回きりだし、人間なんて、いつどうなるかわからないんだから。
ほら、俺が言うと説得力あるだろ?

つぐみは樹に背中を押され、インテリアデザイナーを目指すことを決意します。

そしていつか、樹と一緒に仕事をできるようになると決めました。

樹も笑顔で、つぐみを励まします。

そして二人は、元カノ美姫の結婚式に出席します。

樹の表情はとても晴れ晴れとしたものでした。

(樹セリフ)
これで俺も、前に進めそうだよ。川奈、付き合ってくれてありがとう。




ストーリー⑰コンペが近い中、倒れる樹

渡辺設計事務所では、樹を中心としたメンバーでコンペへ向けて作業を進めています。

つぐみはインテリアデザイナーになるための勉強を始めました。

つぐみと樹は電話でお互いを励ましています。

次の日、つぐみは渡辺設計事務所に差し入れを持っていきますが、樹が高熱を出して倒れたことを知ります。

渡辺設計事務所はコンペを直前に控えて樹が不在になってしまったため、大騒ぎです。

つぐみは樹の病院へ行き、治療を受ける樹を見てショックを受けます。

ストーリー⑱倒れてもなおコンペへ向けて取り組む樹

樹は周りの反対を押し切り、ベッドの上でコンペに使われるパースを完成させようとします。

(樹セリフ)
迷惑かけたくないんだよ…!
障がい者だから、しょうがないって思われたくない。そんな風に同情されて生きるのはもう嫌なんだよ…!

腰に褥瘡が出来ているため、うつ伏せか横向きの状態でしか作業ができません。

つぐみは樹の姿を見て、献身的に付き添います。

パースの〆切を明日に控えて、樹の体力は限界を迎えます。

(樹セリフ)
次なんかないよ…!
いつ死ぬかもわからないのに、俺には今しかない。今やらなきゃダメなんだよ…!

つぐみは樹の覚悟を知り、パースの着色を手伝います。

樹はつぐみが高校生時代に入賞したときの展覧会を見に行っていたことを告白しました。

高校生の時のつぐみが、真剣な顔をしてどんな作品を描いていたのか…樹もつぐみのことが気になっていたのです。

(樹セリフ)
俺、お前の絵、大好きだよ。
のりのり
のりのり

これ、「お前のことが大好きだよ」って言ってるように聞こえる…!!




ストーリー⑲急接近する二人…

つぐみがパースに着色し、コンペへの提出は無事に間に合いました。

そしてコンペに通り、樹の建築士としての仕事が認められたのでした。

つぐみに心から感謝する樹。

(樹セリフ)
川奈のおかげだよ…!川奈がいなきゃ無理だった。
ホント、再会できてよかったよ。晴人じゃないけど、運命の出会いだったのかもな。

(菅田将暉が歌う主題歌「まちがいさがし」が流れる)

のりのり
のりのり

米津玄師プロデュースで菅田将暉が歌う主題歌…!!
武骨な感じが切なくてはかなげで…合う!!

パーフェクトワールドドラマ主題歌の曲名は?歌手、作曲者について紹介
こんにちは!のりのりです。 今日は2019年4月スタートのドラマの中でも大注目!!な 『パーフェクトワールド』の主題歌について紹介しますね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogl...

乾杯するために持ち込んだビールを開けると、中身が吹きこぼれてしまいます。

慌てて布団を拭くつぐみ。

樹の顔と急接近し、二人は目を合わせた後にキスをしようとしますが…ハッとした樹が目をそらしてしまいます。

ストーリー⑳そこに現れる、謎の美女!!!

気まずくなってしまった二人。そこに突然慌てた様子で一人の女性が病室に飛び込んできます。

「ごめん…!私がそばにいないから、こんなことに…!」

樹に抱きつき、親しげに樹の顔に触れます。

この美女は一体…?

のりのり
のりのり

つぐみも美姫もかなりの美女だけど、この謎のお姉さんもかなりの美人…!!

誰なの!?一体誰なの!?!?

スポンサーリンク

パーフェクトワールド第1話感想まとめ

ドラマが始まる前に、原作マンガ1巻を読んでいたので、今回はそのストーリーの確認作業…のような感じになってしまいましたが…。

何といっても、キャストが全員美男美女!!!

松坂桃李、山本美月、瀬戸康史と聞いただけでもすごいなと思っていたけど、樹を取り巻く女性たちもみんな美女だし、回想シーンに出てくる高校時代の樹・つぐみ・洋貴役の俳優さんたちもみんなカワイイ&イケメン!!

感動するストーリーだけでなく、目の保養にもなるドラマです(*´艸`*)

ときめきも切なさも満載!

これは毎回見なきゃ~!!

スポンサーリンク

パーフェクトワールド第2話予告あらすじ

パーフェクトワールド第2話

続きが気になるパーフェクトワールド第2話は2019年4月23日21時~放送です!

気になるあらすじは…

大事なコンペを前に無理を重ねたことで、突然病気を発症し、入院を余儀なくされた樹。しかし、つぐみのサポートもあり、念願だった仕事を見事勝ち取る。さらに、そのことがきっかけで2人の距離は急速に縮まるが、そこへ樹の元担当看護士でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみは胸がざわつく。一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた、つぐみの中でどんどん大きくなる樹の存在に焦りを覚えていた。

そんなある日、つぐみから行きたいところがあると誘われた樹。着いた場所は体育館で、そこでは車いすバスケの練習が行われていた。実はつぐみは、樹の同僚の晴人(松村北斗)から、樹を練習に連れてきてほしいと頼まれていたのだ。恋愛同様、バスケももう一生しないと決めていた樹は、最初こそ練習に参加することを拒むが、つぐみの頼みもあり、晴人の申し出を渋々受け入れる。やがて、バスケの楽しさを思い出した樹はチームに入ることを決意。つぐみも久しぶりに見た樹のまぶしい笑顔に釘づけになるが、半面、樹が自分を恋愛対象として見てくれないことに、どこか歯がゆさを感じていた。

その頃、樹のマンションでは母親の文乃(麻生祐未)が息子の帰りを待っていた。樹とつぐみの仲むつまじい様子を見た文乃は、つぐみが樹の新しい恋人だと思って喜ぶが、樹は即座に否定。「ただの友達だから」という樹の言葉は、つぐみの耳にも届いてしまいショックを受ける。

https://www.ktv.jp/perfectworld/story/02.htmlより引用

パーフェクトワールド関連記事

当ブログではドラマパーフェクトワールドについて他にも記事を書いています。

併せてお読みください。

ドラマパーフェクトワールドまとめ記事!あらすじ、キャスト、主題歌など紹介

パーフェクトワールドドラマあらすじ第1話から最終話まで

パーフェクトワールドドラマ出演者は?映画や原作とのキャスト比較も

パーフェクトワールドドラマ主題歌の曲名は?歌手、作曲者について紹介




コメント